TOPandGIRL膣トレでイキやすいカラダを作る♡もっとH...

膣トレでイキやすいカラダを作る♡もっとHを楽しみたい女子必見の秘トレーニング術

今までHやマスターベーションでオーガズムを感じたことないという女子必見!イキやすいカラダは、セルフトレーニングで作れるんです。ラブライフアドバイザーOliviA(オリビア)さん監修、クリトリスでオーガズムを感じる膣トレ〝外イキトレーニング〟をはじめてみましょう♡

イッたことがない・・・という女子は意外と多い!?




「イッたことがないという相談をよく受けるのですが、そういう女性は、自分の性器を見たり触ったりしたことがないという方がほとんどです。これを機会に、自分の性器を観察し、慣れてきたらトレーニングをはじめてみてください。少しずつ感度がアップし、セックスがもっと楽しくなるはずです」

「外イキ」「中イキ」って?


クリトリスでオーガズムを感じることを『外イキ』、膣でイくことを『中イキ』といいます。オーガズムにランクはありませんが、どちらかというと『中イキ』の方が難易度が高いオーガズム、『外イキ』の方がライトなオーガズムと思われているようです。イキやすいカラダになるための膣トレは、まず最初に『外イキ』のトレーニングからはじめてみるのがおすすめです

外イキトレーニングの方法


■ショーツの上から触ってみましょう




まず、ショーツの上から指で性器全体をなぞってみてください。1カ所だけ、とくに敏感に感じたり気持ちのいい部分があるはず。そこがクリトリスです。クリトリスは快感を感じるためだけにある性器。タッチに強弱をつけて、じんわり心地よさを感じる触り方を探してみて。

■バスルームでたっぷりの泡を使って




お風呂でデリケートゾーンを洗うときに、クリトリスの周りをマッサージしながら洗ってみてください。たっぷり泡立てたデリケートゾーン専用ソープで、垢の溜まりやすいクリトリス包皮の内側や、大陰唇と小陰唇の溝をやさしくマッサージ洗いをします。

■外イキしやすい触れ方をマスター




中指をクリトリスに当てて、タテ、ヨコ、円を描くようにと、動きを変えていろいろな方向や強さでマッサージしてみましょう。自分が最も気持ちいいと感じる場所、触り方、力加減を知ることで外イキしやすくなります。また、クリトリスの包皮の上からなのか、包皮をむいた方がいいのかも比べてみて。

イキやすいカラダになりたいと思っている方は、ぜひ「外イキトレーニング」を試して、自分のイキやすい場所や触り方を見つけてみましょう♡

教えてくれたのはこの方




OliviA(オリビア)さん
性生活の総合アドバイザー。ラブライフ向上のためのサロンやスクール運営を行う。懇切丁寧なアドバイスが好評で20~50代まで幅広い層の女性から支持されている。『愛され女子は知っている 世界で一番幸せなおうちセックス』(マガジンハウス)ほか著書多数!

取材・文/成田リナ イラスト/水元ローラ