TOPandGIRL春の鉄板お手本配色スタイルまとめ♡着るだ...

春の鉄板お手本配色スタイルまとめ♡着るだけで華やか、鮮やかグリーンコーデ5選

本格的な春はすぐそこ!季節をまたいでも、ますます色ブームは加速中。より彩度高めで発色のいいものが主流になってます。春っぽい配色や合わせるべき小物を押さえて、秋冬とは違う、もうワンランク上の着こなしにトライしましょ!ここでは、変に盛らなくても十分華やぐグリーンを使ったコーデをご紹介。フレッシュな若葉色が目白押し!

春の新緑みたいな明るいグリーンは、無地コーデにサラッと取り入れるだけでもフレッシュでスタイリッシュ!とはいえクールな色だから、甘めorキレイめに振るといい塩梅です。

相性がいいのはこんな色!




■Green×White・・・鉄板美人な配色は意外なハズしを仕掛けて新鮮に!



ラップスカート¥9,800/ココ ディール デニムジャケット¥13,000/ノエラ ロゴTシャツ¥8,000/マイカ&ディール(マイカ&ディール 恵比寿本店) イヤリング¥10,500/エネーダ(ココ シュニック オンキッチュ 新宿マルイ店) バッグ¥32,000/ボルドリーニ(シップス 有楽町店) パンプス¥14,000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

お互いの美人感を引き出し合う上に、白の洗練された雰囲気も加わった最強配色!あえてカジュアルにハズすとオシャレ度がグッと上がります。

キレイ色ワントーンの作り方のコツ


お遊び小物でメリハリをつけてのっぺり感をオフ! 
無地ワントーンで陥りがちな〝のっぺり感〟は小物を効かせれば解決。キャッチーな柄やデザインの効いたものを使ってみて!

■Green×Mint Green・・・ミントグリーンは思いきり薄く、濃淡をしっかり強調



ニット¥9,800/マイストラーダ スカート¥10,000/ノエラ PVCバッグ¥16,000/ヴィオラドーロ(ピーチ) ドットパンプス¥2,120/神戸レタス

やりがちな組み合わせのときは、思いきってグリーン同士をかけ算して鮮度UP。濃いグリーンの面積を小さくする方が簡単です。柄やPVCなど、軽さのある黒小物でキリッと締めて。

■Green×Navy・・・品よくまとまるネイビーはデニムでカジュアルにIN



ブラウス¥11,000/ココ ディール デニムパンツ[一部店舗のみで販売]¥1,490/GU バッグ¥5,900/クチュール ブローチ サンダル¥20,000/ダニエラ&ジェマ(カルネ)

グリーンを大人っぽくシックに着こなしたいなら、黒よりネイビー合わせがオススメ。強い色同士なので、かごバッグやサンダルで引き算。

■Green×Beige・・・グリーンの強さを品よく受け止めて通勤にジャスト!



スカーフ付きニット¥13,000/ジャスグリッティー ワイドパンツ¥18,000/アプワイザー・リッシェ バッグ¥18,000/MARCOMASI(PLST) サンダル¥16,800/ダニエラ&ジェマ(カルネ)

濃い茶色を合わせると木みたいになっちゃうし、秋っぽさが出るので、まろやかベージュで春らしく。ワイドパンツのゆったり感も優しげなテンションにお似合い。

■Green×Yellow・・・エナジーカラーのワンポイントでコーデがチアフルに



ニットワンピース¥11,000/モアプラス(ピーチ) レギンス¥990/UNIQLO バッグ¥34,000/カパフ(アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店) バレエシューズ¥1,564/神戸レタス インナー/スタイリスト私物

可愛げがプラスできるイエローは、小物でのポイント使いが正解!レギンスでコーデにも今っぽいエッセンスを。

ヴィヴィッドなグリーンでフレッシュに!


パキッと鮮やかなグリーンは、春の注目カラー。華やかだけど大人っぽくて知的なイメージに仕上がるので、通勤コーデにも活躍してくれます。甘ディテールのアイテムも、グリーンならクールな印象に。定番色合わせはもちろん、ミントグリーン合わせのワントーンも今年らしくておすすめ。

撮影/須藤敬一 スタイリング/竹川尚美 ヘアメイク/Chisa(ROI) モデル/愛甲千笑美 一部文/今川真耶