TOPandGIRLイマドキ女子の下着事情を調査♡最近は「あ...

イマドキ女子の下着事情を調査♡最近は「ありのままの自分」を大切にする傾向に!?

グラマラスなボディには憧れるけれど、Aカップを自然に巨乳にできるわけがない。かといって、パットを入れてすぐにバレる見栄を張るのもイヤだし・・・。今回は、そんなコンプレックスを持つ〝イマドキ女子〟の、下着選び事情を聞いてみました!

ありのままの自分のカラダを愛してあげたい♡


ワイヤーブラで寄せて上げての時代を経て、ワイヤレスブラの登場などによって自然でラクな下着選びをする女子が増え始めた現在。ナチュラル志向のイマドキ女子たちは、無理してまで胸を大きく見せるぐらいなら、ありのままの姿でいく方がいい、自分のカラダを愛してあげたいと思っている人が多いよう!

■イマドキの女子はパットを盛らない!




「私、貧乳なんでセクシーさはおっぱいでは出せない。他で勝負していくしかなくて・・・。昔はパット盛ってたこともあったけど、それもすぐにバレることだから、谷間はもう盛らないことにしました」(大学生・22歳)



「カラダは人それぞれ。明らかに誰から見ても美しくてうっとりするようなカラダの女性もいるかもしれないけれど、ほとんどがそうではない。だったらコンプレックスに思うのではなく、いいところを見つけて褒めてあげたいし、自分で自分のカラダを愛してあげたいと思うようになった」(食品会社勤務・29歳)



「パット盛ってた時代、セックスするときに彼がブラ外してびっくりみたいなことが何度もあって。もちろん顔には出さないけど、残念そうなオーラ出されると、期待させるのは罪なんだな、と反省。アラサーになってからはパット盛りません」(通信系会社勤務・29歳)



「最近の男子はもう、パットでは騙せないのはわかってる(笑)。盛り胸をあとでネタにされるぐらいなら、ノーパットで堂々といた方がマシ、って思うようになりました」(メーカー勤務・32歳)

下着選びにこだわる楽しさを発見!

■イマドキ女子は、トレンドより自分にあった下着をチョイス!




「いろんな不安がある世の中で、力を入れていきていくのは疲れるだけ。マインドもそうだけど、カラダをリラックスさせていたいから、下着もラクちんなものを選んでいます。勝負下着にはできないけど、普段はワイヤレスブラを愛用中」(IT関連会社勤務・33歳)



ピーチジョンの胸キュンブラはすごくシンプルで、貧乳の私にも意外と似合うってことがわかった。変に胸を隠すゴテゴテしたデザインよりも、シンプルな方がキレイに見える」(大学生・22歳)



胸が小さいことはもう認めて、下着の色でクリーンさをアピールしてます。薄紫、白、淡いピンクなどの薄い色だと、小さい胸とのギャプが生まれにくい」(メーカー勤務・32歳)



「胸が小さいのはもうあきらめてる。だからブラよりもショーツをTバックとかにして、目線を別に向けてます。下着は上手に選べば、コンプレックスカバーにもなると思う」(保育士・32歳)



「Aカップの胸がずっとコンプレックスだったけど、最近は開き直れるようになりました(笑)。カラダがセクシーじゃないぶん、下着はちょっと高くても、ヨーロッパのおしゃれブランドを買うようにしています」(自営業・31歳)

こんなイマドキ女子の下着事情、アラサー男子はどう思う?

ありのままで全然OK♡




胸にパット入れてるAカップと、パッと入れていないAカップだったら、パッと入れていない子を選びますね。見栄を張る子ってちょっとムリですね」(飲食店勤務・28歳)



「前にパット5枚重ねの子がいたんだけど、さすがにひいたね。小さいなら小さいで、堂々としてくれた方がまだいい。期待だけさせて裏切られたときの萎え方っていったら、もう・・・(笑)」(保険会社勤務・28歳)



「最近、パットを入れているかどうかが服の上からでもわかるようになってきた(笑)。偽造おっぱいだってわかるとエッチに誘う熱意も減るから、パットなしの下着でいいと思う!」(IT関連会社勤務・27歳)



「こっちだって大きいわけじゃないのに盛らずに勝負してるんだからさ(笑)、同じようにありのままで勝負して欲しい」(公務員・27歳)



「パットとか、寄せて上げてって無理してる感半端ない。ありのままで全然OKですよ。それにありのままって最強じゃない?」(IT関連会社勤務・28歳)

イマドキ女子の下着の選び方とは?


  • 胸が小さくても見栄を張りたくないからパットを使うのはヤメた
  • そのぶん下着選びは、自分らしいこだわりを持つ傾向に
  • カラダもリラックスして生きたいから、下着もラクちんなものを
  • 胸が小さい分、下着の色やデザインでクリーンさをアピール




取材・文/成田リナ