TOPd365荒れ地もOK。コンパクトなキャンピングト...

荒れ地もOK。コンパクトなキャンピングトレーラー『TOPO』はちょうど良い感じ?

キャンピングトレーラーと言われると、広々とした室内で居住性を重視した大型モデルを思い浮かべるかもしれないが、使い勝手がいいのはちょっとした休憩、1〜2泊程度の旅で利用できる小型モデルなのかもしれない。実際、大型のものに比べて牽引のしやすさも段違いだろう。そういう意味で、Escapod Trailersが販売しているキャンピングトレーラー『TOPO』は、なかなか興味深い。


幅約1.5×長さ約2.4mと、キャンピングトレーラーとしては小さめな『TOPO』。丸みを帯びた形状で、鋼鉄製のフレーム、アルミニウム製の外装を採用する。標準で1200ポンド(約544kg)のため、大型車でなくとも牽引できるようだ。また、車両上部のルーフレールには自転車用キャリアなどが搭載できるなど、拡張性の高さも注目だ。



車体には大径なオフロード向けタイヤを装着し、岩場や荒れ地などの悪路も走行も可能。やはり、大型キャンピングトレーラーよりもアクティブに現地を動き回る旅向きだろうか。
-->