TOPd365置き場に合わせセミオーダーできるバイクガ...

置き場に合わせセミオーダーできるバイクガレージ。東亜製作所『motoCUBIC』ならクルマ用駐車スペースの一角にも設置可能

マンションなどのほとんどの共同住宅では、バイク用には共同の駐輪場しかなく、そのほとんどは吹きっさらしの場所ばかり。そりゃあカバーを被せればある程度の風雨は防げるけれど、セキュリティ面を考えると大事なバイクを置くのに心配はつきもの。かといってガレージ付きマンションに引っ越すのはなかなか勇気がいる。なんとか、共同住宅でもマイ・ガレージを構える方法はないものか。

ミニマムガレージを気軽に実現




そこでご紹介したいのが、株式会社東亜製作所が製造する『motoCUBIC』だ。サイズが幅2.5メートルと、クルマの標準的な駐車スペース幅にぴったり。加えて奥行きはたった1メートルなので、駐車スペース奥に設置すれば、クルマの駐車を阻害しない。クルマとバイクの二台持ちにはうれしい設計だ。



バイクの出し入れにもひと工夫が。コンパクトなガレージの場合、奥行きを抑えるためにサイドから出し入れをするようになっていることが多いけれど、こちらは正面のドアを開いて、そのままバイクを格納できるのだ。