TOPd365歯ごたえが違う!あえてラーメン用の生麺で...

歯ごたえが違う!あえてラーメン用の生麺で作るアジア風焼きそば【スキレットで始める男メシ:第46回 アジアン焼きそば】

キャンプの定番道具「スキレット」は、鉄製の厚手のフライパン。本連載では、スキレットを使った手軽に作れる男メシをお教えしよう。第46回は「アジアン焼きそば」を紹介する。

焼きそば用の蒸し麺でなくラーメン用の生麺を使ってみた


焼きそばといえば、蒸し麺を使うのが一般的。筆者も普段は蒸し麺を使うが、何食分かがセットになっているので、ひとり暮らしの食卓では余らせがちだ。では、ラーメン用として売られている生麺を使うのはどうなのか? あれなら1食分ずつ売っているので、手軽に使えそうだ。

そこで、今回は生麺を使ってアジアっぽい味付けの「アジアン焼きそば」を作ってみることにした。用意した材料はこちら。