TOPd365Appleのワープロアプリ『Pages』...

Appleのワープロアプリ『Pages』の縦書き機能を使うときに覚えておきたい3つのこと【とれたてApple最旬情報】

本連載では、Appleの最新情報を噛み砕いて解説する。第29回は3月下旬に追加されたiWorkの縦書き機能について振り返りたい。

iWorkは、「Pages」「Numbers」「Keynote」をまとめたApple製オフィススイートの呼び名だ。発表されてしばらく経つのでご存知の方も多いだろうが、これが3月下旬のアップデートで縦書きに対応した。今回は、まだ試していない人に向けて、基本的な使い方を紹介したい。

Pagesなら縦書きフォーマットを選択して利用するのが簡単


Pagesのファイルを新規作成するときには、縦書きのテンプレートが用意されている。空白(縦書き)、ブック - 縦 - 基本 (縦書き)、ブック - 横 - 物語 (縦書き) の3種類だ。これを選んで書類を作成すればよい。

↑縦書きのテンプレートを選択する ↑縦書きのテンプレートを選択する

↑縦書きのテキストを入力できる

一応、横書きで作成した文書を縦書きに変換する操作もあるので紹介しておこう。Macの場合は書類ボタンで表示されるメニューから「縦書きテキスト」のチェックを入れればOK。iOSの場合には、メニューボタンから「書類設定」を選択し、画面右上のアイコンから「縦書きテキスト」を有効にする。

↑MacのPagesで横書きのファイルを縦書きに切り替える

↑iOSのPagesで横書きのファイルを縦書きに切り替える

なお、縦書きに対応する言語は日本語・中国語・韓国語の3言語だけなので、その他の言語を優先にしている場合などは利用できない。

EPUBに出力してももちろん縦書きの文章に


縦書きで書類を作成し、それをEPUBに出力すると、文庫本のように縦書きで右から左へとページを送る電子書籍ファイルが完成する。横書きと縦書きをそれぞれ「ブック」アプリで表示してみると違いがわかるだろう。

↑縦書きの文書ファイルをEPUBに出力した

↑参考までに従来の横書きの文書ファイルをEPUBにした場合

テキストボックスや図形単位での縦書きにも対応


テキストボックス単位で、横書きにすることも可能だ。また図形内にテキストを入力する場合も、縦書きで記述できる。Macでは副ボタンクリックから「縦書きテキストをオン」にする。雑誌的なレイアウトを整える上で、写真にキャプションをつけるのに便利そうだ。iOSの場合には、テキストボックを長押しし、表示されるメニューから「縦書きテキストをオン」をタップする。

↑MacのPagesでテキストボックスを縦書きにした様子

↑MacのNumbersでテキストボックスや図形のテキストを縦書きにするのも同様の感覚で行える

4文字の英数字までなら横書きに調整できる


縦書きテキスト中の一部の文字を横書きに調整する機能もある。Macでは、選択した文字上で副ボタンクリックし、「横方向に回転」を選択する。また、iOSの場合には、長押しで選択したテキストをタップし、表示されるメニューから「横方向に回転」を選択する。

↑MacのPagesで副ボタンクリックから、横方向に回転を選択した

なお、横方向に回転を適用できるのは、2~4文字まで。英数字を横書きしたいときに便利だ。

本稿で紹介したように、縦書きファイルの作り方は非常に簡単だ。Pagesで書類を作成し、EPUB形式での出力まで、興味があれば挑戦してみてほしい。

関連サイト


Pages - Apple(日本)

text井上晃