TOPd365「古材を使うことはゴミを減らすに繋がる」...

「古材を使うことはゴミを減らすに繋がる」建築建材のリサイクルショップが、解体される古い建物の“レスキュー”へ向かう/ReBuilding Center JAPAN 東野唯史

役目を終えて解体が決まった古い建物には、まだまだ新しい形で生まれ変われる木材などが眠っている。そうした古材や古道具を“レスキュー”して、これから役立ててくれる人に向けて販売しているのが、建築建材のリサイクルショップ「ReBuilding Center JAPAN(リビルディングセンタージャパン)」だ。



「メインの事業は、解体されるお家の家主さんから依頼されて木材などを回収しに行く『レスキュー』と呼んでいる活動です。その古材にひとつひとつ値段をつけて、見積もりを出して買い取らせていただく。引き取った後はきれいに洗って、売り場に出して販売しています」

こう話すのは、長野県諏訪市に拠点を構える「ReBuilding Center JAPAN」(以下、リビセン)の代表・東野唯史さん。“建築建材のリサイクルショップ” を謳う同店をオープンさせた東野さんが、現在にたどり着くまでにはどのような経緯があったのだろうか。