TOPd365「大地を踏みしめる仕事がしたかった」林業...

「大地を踏みしめる仕事がしたかった」林業マンになるためにしたこと&変えたこと/東京チェンソーズ 青木亮輔

日本は国土の7割が森林。世界有数の森林大国でありながら、林業は斜陽産業とされて久しい。だが、このところ林業業界で働きたいという人々が増えている。そのきっかけとなる人物が「東京チェンソーズ」代表の青木亮輔さんだ。東京の最西端、秘境と称される檜原村に移住し「稼げて未来へとつなげる」林業を実践。新しいことに果敢にチャレンジする青木さんとは?

デスクワークじゃない!
大地を踏みしめる仕事がしたかった


2006年に誕生した「東京チェンソーズ」。青木亮輔さんが仲間ら4人ではじめた林業施業会社だ。当時、青木さんは29歳、東京都森林組合を退職しての独立だった。

そもそも青木さんは林業を志していない。きっかけは東京農業大学卒業後、第二新卒で就職した会社だ。幼少期から自然に親しみ、大学では探検部主将として活動してきた青木さんにとって、はじめての社会人経験はジレンマとの戦いだった。