TOPd365「好き」を軸に働くためには、「嫌い」を知...

「好き」を軸に働くためには、「嫌い」を知るのがヒントになるかもしれない/VUILD 秋吉浩気

情熱のある働き方を実現するには、「何を成し遂げたい」というビジョンが大事なのは言うまでもない。しかし、自分がしたいことを見つけるのは、決して簡単なことではない。建築テック系ベンチャー「VUILD(ヴィルド)」の代表取締役・秋吉浩気さんが語る仕事観は、こうした悩みを持つ人にとって、ひとつの突破口になるかもしれない。

難しく考えずに身の回りのものから投資するという考え方




英会話を学ぶ、プログラミングを学ぶ、資格を取るなど、世の中には能動的な努力を強いられる自己投資は多い。しかし、ビジネスセンスを育むという文脈においては、自己投資は苦行に限らない。若くして「VUILD」を立ち上げた秋吉さんは、いままで投資してきたものについてこう語る。

「見たいものを見る。読みたいものを読む。ファッションも好きなので、着たいものを着る。身の回りにある自分のやりたいことをしてきました。そういう意味では、たくさん投資してきましたね。いつか何かで返ってくるだろうと――」