TOPd365“やりたくない”と言えた方が健全、建築テ...

“やりたくない”と言えた方が健全、建築テック系ベンチャーの人生観/VUILD 秋吉浩気

「やりたくないこと」をできるだけ排除することで、ストレスの少ない働き方が確立する。建築テック系ベンチャー「VUILD(ヴィルド)」の代表取締役・秋吉浩気さんに自身の仕事観について伺った。

テック系ベンチャーらしい柔軟な働き方を採用




川崎にあるビルの一階。VUILDの工房では、プロトタイピング用途を主としたShopBotが2台設置されている。秋吉さんはその近くに住まいを構え、徒歩や自転車で事務所まで出向く。午前中は打ち合わせが多いそうだ。

「朝の通勤電車に乗るのはつらいので、できるかぎりやりたくない。打ち合わせなども、どうしても現場を見なくてはいけないとき以外は、なるべくオンラインにしてもらって、その分作業時間を増やせるように努めています」