TOPd365人気沸騰中の革小物ブランド「BrownB...

人気沸騰中の革小物ブランド「BrownBrown」誕生までの道のり/BrownBrown 川村達郎

種類豊富な財布やキーケースといった定番アイテム、さらにはトイレットペーパー・カバーやカップ麺ケースのようなユニークなものも取り揃えることで人気沸騰中のブランド「BrownBrown」。伝統的な革職人にはない独自のセンスは、どのように磨かれたのか? ブランド設立までの生い立ち~認知度が上がるまでの軌跡を追った。

親に反対されながらも、ファッションの道へ


「こう見えて、エリート家庭で育ったんです(笑)。自分は幼少期から生き物が大好きだったので、子どもながら漠然と獣医になろうと思って、獣医学部のある付属中学に行ったんですよ。ところが、高校2年くらいで糸が切れたように勉強が頑張れなくなっちゃって……」

親類縁者に士師業が多い家庭で育った川村さん。一方で、本人は絵を描くことや図工が得意で、表彰もよくされていたという。その後、高校でファッションに目覚め、いわゆる受験勉強には身が入らず、美大や専門学校といった進路を目指すようになった。しかし、親には大反対されたようだ。