TOPd365「喜んでもらいたかったんですよね」何気な...

「喜んでもらいたかったんですよね」何気ないサービス精神から生まれた唯一無二のマーケットイベント/森、道、市場 岩瀬貴己

2011年より愛知・蒲郡で開催されている、“モノとごはんと音楽の市場”をコンセプトとした野外イベント「森、道、市場」を主催。建築を本業としながらも、1年の大半を「森、道、市場」の運営に充て、2019年は3日間でのべ約6万3000人もの来場者数を記録する大規模イベントに成長させた。ほかにも「あいちトリエンナーレ」やテレビ局主催のイベントに携わるとともに、地元・岡崎市の発展にも尽力する。



岩瀬貴己さんが「森、道、市場」をスタートさせたのは2011年のこと。きっかけは、偶然に見つけた山中の廃墟を「みんなに見てもらいたい」という何気ない気持ちだった。“市場”は次第に規模を拡大し、今や全国にもその名が轟くほどに成長するが、それは岩瀬さんが子どもの頃から持ち続けている、強いサービス精神があるからにほかならない。

「廃墟の街を見てほしい!」が出発点


「そもそもは、道を間違えたのが発端なんです。たどり着いたのは『山麓園』。そこは、今も営業しているジンギスカンのお店なんですけど、クルマでは絶対に入れない山の中腹に、巨大な建物や樽の小屋が点在している場所なんですよ。その一帯は昭和50年頃にはとても栄えていた観光地で、かつてのホテルや飲食店などが建ち並んでいるのですが、今はもうどれも朽ちてしまって、それがものすごい雰囲気を放っているんです」