TOPd365「経年変化を楽しむために」裁断も縫製も染...

「経年変化を楽しむために」裁断も縫製も染色も、すべてがハンドメイド/BrownBrown 川村達郎

工作が得意な子どもが思春期にファッションに目覚め、アパレルへの道に。紆余曲折がありながら、現在は、裁断から染色、縫製まですべてハンドメイドで作りあげる革小物ブランドとして高い評価を得ているBrownBrown。彼らはどのような日々を過ごしながら製作をしているのか? 現在の仕事内容や働き方を探っていく。

東京と沖縄の2拠点というスタイル


代々木公園にほど近く、渋谷や原宿にも近い参宮橋に拠点を構えたものの、大家さんの都合で3年で退去。それを機に現在の学芸大学(東京都目黒区)に移転するのだが、そのタイミングで相棒の渡邊さんは沖縄へ移住という再スタートが切られた。

「渡邊のことをよく知らない人はビックリするんですけど、彼は出会った頃から沖縄が大好きで、沖縄に住むことが夢だったんです。しかも、参宮橋が破格だったので、同じ条件で物件を探すと都内からどんどん遠くなってしまう。”中途半端な場所に行くくらいなら、僕は沖縄行きます”っていう感じです(笑)」