TOPd365必要なのは“誠実さ” 「森、道、市場」を...

必要なのは“誠実さ” 「森、道、市場」を作り上げる人とのつながりとバランス感覚/森、道、市場 岩瀬貴己

マーケットを主体とした有料イベントでありながら、初開催から9回目の今年2019年には約6万3000人もの来場者数を記録した「森、道、市場」。今や全国的に知られる大規模イベントに成長し、すでに1年後の開催に向けての準備が着々と進んでいるという。それを中心となって支えるのが、岩瀬さん以下、「森、道、市場」を愛するスタッフの存在である。

1年のうち5割は「森、道、市場」


「開催期間以外も、年間のスケジュールは『森、道、市場』の業務でほぼ埋まっていますね。しかも、イベントが終わってからも2カ月くらいはスケジュールを取られちゃうくらい忙しいんです。というのも、事務処理や経理はすべて自分ひとりでやっているので……」

第3回の「森、道、市場」が開催された2013年。岩瀬さんはそれまで勤めていた工務店を退職し、自身の会社「(株)ついたち意匠考案室」を設立した。工務店勤務時代に培った建築設計施工に加え、イベントの企画や広告など、「法人登記の際に、これからやりそうな仕事内容は全部入れた」というが、いざスタートしてみると、1年の大部分を「森、道、市場」に関する業務が占めるようになっていた。