TOPd365「楽天社長からの手紙で、ネット通販に注力...

「楽天社長からの手紙で、ネット通販に注力することを決めた」業績をV字回復させた楽天市場の店長時代/ヤッホーブルーイング 井手直行

『よなよなエール』、『水曜日のネコ』をはじめとする個性的なクラフトビールでお馴染みのヤッホーブルーイング。クラフトビール業界でシェアトップを誇る同社社長の井手直行さんは、もともとビール業界とは無縁の人物だった。そんな同氏のもとを訪ねて、「働くこと」についていろいろな話を聞いてきた。社長になって11年、経営者としての井手さんを探る。

楽天市場が業績回復のカギに


1997年の創業時、ヤッホーブルーイングはたった7人で始まった。地ビールブーム衰退の煽りを受け、8年連続で赤字に。そこで井手さんが着手したのが、「楽天市場」でのネット通販業務だった。

「楽天市場は97年5月にオープン。私たちは97年6月に出店しました。ただし、ページがあるだけで、ビールはろくに売っていなかったんです。売上が落ちて営業としてはすることがなく、ロッカーの整理をしていたときに見つけたのが、楽天の社長である三木谷浩史さんからのお礼の手紙。そこには“出店ありがとうございました”というお礼とともに、“一緒にインターネットで世界を目指しましょう”といったニュアンスのことが書かれていたんです。これが、インターネットにかけようと思ったきっかけになりました」