TOPd365「人生に無駄なことは何もない」。マルチス...

「人生に無駄なことは何もない」。マルチスキルが仕事につながる/38explore 宮崎秀仁

アウトドアのガレージブランド「38explore」を主宰する宮崎秀仁さん(愛称ミヤさん)。18歳のときに設計事務所に住み込みで働き、40歳でインテリアデザイナーとして二回目の独立を果たす。今でこそInstagramで1万5千人近くのフォロワーを持つなど、アウトドア界隈で注目を集めているミヤさんだが、ここにたどり着くまでの道のりは紆余曲折があってこそ。店舗設計、電気工事、大工など、これまで関わってきた仕事のすべてが今のマルチスキルを可能にした。「人生に無駄なことは何もない、異なるジャンルでも実になる」。宮崎秀仁さんという男、経験からチャンスを生み出すことに、とかく長けている。

今までの仕事がクロスオーバーするところがアウトドアだった


インテリアデザインを生業としながら趣味のアウトドアでも活躍するミヤさん。その活動はガレージブランドオーナーとしてのモノづくりに留まらず、六角会をはじめとする各種アウトドア事業のプロデュースや、軽自動車のカスタムなど、とにかく幅広い。二足のわらじならぬ、何足ものわらじを器用に履き分けている。



38exploreを人気ブランドに押し上げたのが「ミヤパレ」。建築現場で実際に使われている、三脚に打ち合わせテーブルを設けた簡易的なものをアウトドアユースに転化。ミヤパレはカメラ好きが多いアウトドアズマンの間で大いにハネた。厚み16mmの竹集成材にスチールクロムメッキの脚をセットアップ。三脚次第でロースタイルにもハイスタイルにも変化する。テーブルの上にギアが置けることはもちろんのこと、脚にもシェラカップなどやカラビナを付けた道具類を吊り下げることができる。テーブルのまわりまで使う収納能力の高さが魅力だ。