TOPd365「地元をカッコよくしたい」元スタイリスト...

「地元をカッコよくしたい」元スタイリストの市議会議員が誕生した背景/前橋市議会議員 岡 正己

はじめて、岡 正己さんに会ったのは前橋の商店街の通りだった。スーツではなく、シャツにスニーカー。ラフだけれどスタイリッシュな出で立ちは“市議会議員”という肩書きからは想像ができない姿だった。そう、岡さんはスタイリストから市議会議員に、という、あまりにも意外性ある転身をした人物だ。親の地盤をついだわけじゃない。親戚にも政治家はいない。ただ、岡さんは、自分の生まれ故郷である群馬県前橋市を「変えたい、カッコよくしたい」という思いを貫くために選挙に出たのだった。

なんでも好きなことができたスタイリスト時代


「ファッションが好きで、高校卒業をして文化服装学院のスタイリスト科に進みました。あのころ、雑誌でもスタイリストの特集が組まれるなど、スタイリストがブームだったんです。文化を出てから、スタイリストの岡部文彦さんのアシスタントについて。そのあと独立しました」



アシスタントを3年半務めたのち、24歳のときにフリーランスのスタイリストに。雑誌をメインに、ミュージシャンのPVなどで活躍。本人曰く「イケイケ状態で、本当に好きなことだけやっていればご飯が食べられていた」ほど、仕事は順調だった。