TOPd365仕事の先にある「喜び」を求めて。変わらぬ...

仕事の先にある「喜び」を求めて。変わらぬスタンスが導き続ける成功への道筋/森、道、市場 岩瀬貴己

「森、道、市場」は、有料のマーケットイベントという全国的に見ても稀有なスタイルを続けながらも、今や約6万3000人の来場者をカウントするビッグイベントへと成長した。しかもそのチケット料金は、入場料だけなら3日間の通しで1万円以下と、他の大型フェスと比べると驚くほどリーズナブル。そこには岩瀬さんが学生時代から実践し続けてきた「人を喜ばせたい」というマインドが大きく影響している。

必要なことだけにお金を使えば、スポンサーなんていらない!


「2011年にスタートしてから現在まで、スポンサーはほぼゼロなんですよ。もっとも、現在は会場に隣接する遊園地も借りているので、そうした、利益を出さなければいけない部分については協賛ブースを出していますが、基本的に『森、道、市場』の趣旨に合わないものはすべて断っているんです。周りからは『スポンサーを入れてお金を取りなよ』って言われることもありますが、あまり興味がないんですよね……。ややこしいのがイヤだっていうのもあるし(笑)」

2011年の初開催から9年目を迎えた現在も、「森、道、市場」はほぼ、来場者の入場料のみで運営しているという。さすがに、当初は運営側の持ち出しがあったというが、それもわずか4年のこと。会場をラグーナビーチに移して2年目の2015年からは黒字に転換。以降も入場料のみでまかなっている。