TOPd365好きなことで食べていけることを実践!「そ...

好きなことで食べていけることを実践!「それが若い子たちの希望になる」/Purveyors 小林宏明

東京と群馬を行き来し、週末には日本全国でイベント制作やプロデュースをおこなっているパーヴェイヤーズ。それらすべては「旅」の一環であり、「旅のベースは人に会いいくこと」と語る。その真意と、彼がビジネスにおいて大切にしていることを訊いた。

いつも高速道路は使わない、下道主義


パーヴェイヤーズは、野外イベント「森、道、市場」においてアウトドアエリアのプロデュースをしている。その自己紹介文には、「旅、フィールドワークをもっと日常生活へ、をテーマにキュレーションするコンセプトショップ」とある。ここからもわかるように、あくまでも「旅」がメインにあり、それにまつわるものとしてキャンプやフィールドワークがあるという考えが根底にある。



「いま思えば、原体験は小学校の通学路。行きも帰りも違うルートを通らないと気が済まない子どもだったんです。知らないものや知らない風景への渇望があった。それは現在も変わらないんです。だから、どこへ行くのも基本的には高速道路を使いません」