TOPd365素朴な1960’sスケートボードに惹かれ...

素朴な1960’sスケートボードに惹かれて。台湾の地でクラフトし続ける横乗りブランド「Private Visit」

2020年1月12日(日)、13日(月・祝)の二日間にわたって、東京・表参道のBA-TSU ART GALLERYで開催するd365のマーケットイベント「サンロクゴ商店街」。本連載では、このイベントにご参加いただくショップやブランドの魅力を深堀りインタビュー。今回紹介するのは、台湾・台北で2013年に設立されたスケートボードブランド「Private Visit」(プライベート・ヴィジット)。オーナーのJohn Wu(ジョン・ウー)が自らの手で作り出すプロダクトは、素材の温かみを活かしたレトロなデザインが特徴だ。そのアイデアの根源には、1960年代、つまりスケートボードが生まれた初期モデルにあるという。



無類の好奇心から生まれたレトロなスケボー




そもそもジョンさんは、台湾の大学の日本語学科で4年間学んだ後、ロンドンのデザイン学校へ入学。卒業後は台湾に戻り、グラフィックデザイナーとして活躍していた。それまでの人生では、スケートボードとは無縁の人生を歩んできたわけだ。

「当時の会社の近くに小さなスケボー屋があって、お昼休みを利用して時々遊びに行くようになりました。すると、見れば見るほどスケートボードが好きになってしまったんです」