TOPd365オールドスクールな見た目がツボ。新進気鋭...

オールドスクールな見た目がツボ。新進気鋭のガレージメーカー「JINDAIJI MOUNTAIN WORKS」

2020年1月12日(日)、13日(月・祝)の二日間にわたって、東京・表参道のBA-TSU ART GALLERYで開催するd365のマーケットイベント「サンロクゴ商店街」。本連載では、このイベントにご参加いただくショップやブランドの魅力を深堀りインタビュー。今回紹介するのは、優れた機能性を持ちながら、素材や見た目はオールドスクールなギアで話題の『JINDAIJI MOUNTAIN WORKS』。必要最低限の装備で素早く山を登る、UL(ウルトラライト・ハイキング)の世界では知られた存在である、ジャッキーボーイスリムこと尾崎光輝さんのブランドだ。その一見しただけではわからない製品に込めた思いと、脱サラして約10年となるこれまでの歩みについて訊いた。



UL界隈で名を馳せたギアクラフトマン



新宿からJR中央線中央特快で43分、クルマなら関越自動車道、東名高速道路、中央道、圏央道にもアクセスしやすい高尾(東京都八王子市)。都会に近く、利便性も良いことから、山を中心とした豊かなライフスタイルを目指す人たちが続々と集まってきている。それは鎌倉・湘南エリアの山版ともいえる活況だ。尾崎さんもそのひとりで、2017年にこの場所へ移り住み、自身のブランド『JINDAIJI MOUNTAIN WORKS』を製作しながら奥さまと犬との生活を楽しんでいる。

浅草生まれの尾崎さん、10~20代はサーフィンやダイビングなど海を中心に遊んでいたという。その後、社会人になり結婚してからは、アクティブな週末を過ごすことが激減した。しかし、30歳の時に夫婦旅行で出かけた立山(富山県中新川郡)で、縦走を楽しむ人々を見かけ、山登りに興味を抱くようになった。