TOPd365昭和レトロなおでん屋台と、日替わり店主が...

昭和レトロなおでん屋台と、日替わり店主が作り出す「おでん学園」というコミュニティ

2020年1月12日(日)、13日(月・祝)の二日間にわたって、東京・表参道のBA-TSU ART GALLERYで開催するd365のマーケットイベント「サンロクゴ商店街」。本連載では、このイベントにご参加いただくショップやブランドの魅力を深堀りインタビュー。今回紹介するのは、三軒茶屋駅から下北沢駅方面に向かって茶沢通りを少し歩いた裏通りにあるおでん専門店「おでん学園」。店構えは昔ながらのおでん屋。しかし、同店は曜日ごとに店主が変わるちょっとイマドキなお店なのだ。そんなおでん学園で日曜日の店主を務める山口輝さんに、同店の魅力を教えてもらった。



おでんの屋台がテーブル代わり




おでん学園のドアを開けると、最初に目に入るのがおでんの屋台。この屋台は、実際に先代が三軒茶屋界隈で引いていたもので、50年以上前のものなのだとか。言われてみれば、年季の入り方がそんじょそこらの店とは桁違いなことに気付かされる。

「この建物はもともと屋台の倉庫として使われていました。最初は初代がおでんの屋台を引いて歩いていましたが、そのうち常連さんが屋台を出す前にここで飲むようになり、外に出さずにこのまま店にしたと聞いています」(山口さん)