TOPd365なにを描いてもらう? 個性派ぞろいの手...

なにを描いてもらう? 個性派ぞろいの手描きアーティスト集団「WHW!」

2020年1月12日(日)、13日(月・祝)の二日間にわたって、東京・表参道のBA-TSU ART GALLERYで開催するd365のマーケットイベント「サンロクゴ商店街」。本連載では、このイベントにご参加いただくショップやブランドの魅力を深堀りインタビュー。今回紹介するのは、手描きアーティスト集団「WHW!」。以前当サイトでも紹介したチョークボーイが結成した「WHW!」はどのような活動をしているのか、そして直営店「WHW! KIOSK」はどんなお店なのかを訊いた。



手描きを愛する手描き集団「WHW!」




東急東横線の中目黒駅(東京都目黒区)から徒歩約7分。目黒銀座商店街にある「Tokyobike Shop 中目黒」の店内の一画に設けられているイン・ショップが「WHW! KIOSK」だ。インタビューに応じてくれたのは、「WHW!」のメンバーである女性5名。(トップ写真左から、舘野杏奈さん、森山優美さん、河合千鳥さん、フェイピン・リンさん、冨士枝美咲さん。)ちなみに「WHW!」という名前は、「What a Hand-Written World!(すばらしき手描きの世界)」に由来する。

彼女たちの経歴はさまざまだが、飲食店で働いていたときにメニューを黒板に描く担当になってチョークボーイの存在を知り、縁あってお手伝いをしているうちにスカウトされた人が多い。