TOPd365ファッション雑誌専門の古書店「magni...

ファッション雑誌専門の古書店「magnif」店主が語る、時代を反映する“流行”を感じる面白さ

2020年1月12日(日)、13日(月・祝)の二日間にわたって、東京・表参道のBA-TSU ART GALLERYで開催するd365のマーケットイベント「サンロクゴ商店街」。本連載では、このイベントにご参加いただくショップやブランドの魅力を深堀りインタビュー。

今回紹介するのは、古書店が軒を連ねる東京・神保町でヴィンテージのファッション雑誌を専門に扱う「magnif(マグニフ)」。あらゆるジャンルの本が集まるこの街にあって、唯一無二のジャンルを深く掘り下げている古書店だ。国内外の様々な時代のファッション雑誌を揃えており、d365世代にとっても懐かしさを越えて、当時を思い出して胸が熱くなりそうな雑誌たちが置いてある。店主の中武康法さんも、90年代に青春を過ごしたd365世代。ファッション雑誌を通して見えてくる、流行の面白さについてお話を聞いた。



「バイト先は古本屋」だった店主




東京・神保町といえば世界でも類を見ない、古書店が集まる古本の街である(カレーの街でもある!)。古今東西、あらゆる本がこの街にはあり、軒を連ねる古書店はどの店も個性豊か。江戸時代以前の古文書を専門に扱う店があれば、アイドル関連書籍で棚を埋める店、映画に関する資料に強い店、その他、音楽、アート、スポーツなど、その道が好きな人には堪らない宝の街なのである。