TOPd365雑誌の枠を超えて。新たな体験を生み出すメ...

雑誌の枠を超えて。新たな体験を生み出すメディア「PAPERSKY」の作り方

2020年1月12日(日)、13日(月・祝)の二日間にわたって、東京・表参道のBA-TSU ART GALLERYで開催するd365のマーケットイベント「サンロクゴ商店街」。本連載では、このイベントにご参加いただくショップやブランドの魅力を深堀りインタビュー。今回紹介するのは、“地上で読む機内誌”をコンセプトに掲げる雑誌「PAPERSKY」。

雑誌内の特集でピックアップされる旅は、いつも「PAPERSKY」らしさに溢れている。切り抜いて飾りたくなるような美しい写真と、読み応えのある文章で、読者の“体験”への欲望を掻き立ててやまないこの雑誌を作るのは、アメリカ・カリフォルニア州育ちのルーカス・B.B.さん。2002年の「PAPERSKY」創刊前のことから現在の活動に至るまで、たっぷりとお話を聞いた。



場所と人とテーマと。その掛け算が新しい体験を生む




旅行に関する雑誌は数あれど、旅のテーマ、その旅を共にするゲストのセレクション、そして目的地、そのどれもが絶妙なバランスとなっている唯一無二の媒体がある。“地上で読む機内誌”をコンセプトにしている「PAPERSKY」だ。これまでに刊行された号のサブタイトルを少しだけ見てみたい。