TOPd365軽井沢発! 醸造所を持たない“幽霊”ブル...

軽井沢発! 醸造所を持たない“幽霊”ブルワリーの自然派クラフトビール

2020年1月12日(日)、13日(月・祝)の二日間にわたって、原宿のBA-TSU ART GALLERYで開催するd365のマーケットイベント「サンロクゴ商店街」。本連載では、このイベントにご参加いただくショップやブランドの魅力を深堀りインタビュー。今回紹介する「ココノホップ」は、長野県軽井沢でオリジナリティ溢れるビールを製造するクラフトビールメーカー。「KOKAGE BEER(コカゲビール)」と「Otton Organic Beer(オットンオーガニックビール)」の2つのブランドを手掛ける気鋭のビールの作り手だ。代表を務める采女隆博(うねめたかひろ)さんにこだわりのビールについて伺った。

“幽霊”ブルワリーのデザイナー




采女さんが「ココノホップ」を立ち上げたのは、2014年。18年間勤めていた大手クラフトビールメーカーを退職し、自らの考える理想のビールを求めて地元軽井沢でビール造りを始めた。

「ココノホップでは、多品種少量の醸造やイベント出展などで直接お客様に提供するなど、大手メーカーではできなかったことにチャレンジしています。また、委託醸造という形で自社ブルワリーを持たず、新潟など近隣のブルワリーに醸造を委託したり、設備を借りたりしながら、それぞれのブルワリーの特徴を生かした多種多様なビール造りを行っています」