TOPd365工業系の縫製工場が考えたーー私たちだから...

工業系の縫製工場が考えたーー私たちだからできること【LIVERAL】

「LIVERAL」は、愛知県長久手市の小さな自社縫製工場がその技術力を試すかのように誕生したファクトリーブランド。縫製工場では車両用シートや管楽器ケース、病院や空港などのソファーカバーなど、暮らしのなかにある工業製品を中心に製造している。ブランド発足のきっかけはアパレルブランドからの「この技術でカバンってつくることはできる?」というひと言だったという。

「身近に存在する製品を作ってきたからこそ、弊社だからできること、弊社がやるべきことに着目し始めたブランドが『LIVERAL』です。工業系の縫製工場として避けては通れない廃材について考えたとき、同モデルでも生地パターンのバリエーションを作ることができました」(大田賢志さん/LIVERAL)

カラーは黒一色で、ひとつのモデルでも生地替えを行う。本来、同じモデルでの生地替えは裁断や縫製方法が異なるため、効率性を考えればありえない。それを逆手にとってブランドコンセプトとして謳えるのは、生地をも開発する自社工場の強みだ。まさに、日本の町工場の技術力を体現するブランドと言える。