TOPd365世界中から豆をセレクトする、東京コーヒー...

世界中から豆をセレクトする、東京コーヒーカルチャーの先駆け【ONIBUS COFFEE】

日本で「サードウェーブコーヒー」が一大ブームとなる前夜、2012年に東京都世田谷区の奥沢で産声を上げた「ONIBUS COFFEE」。焙煎から抽出まで行うスペシャリティーコーヒーカフェというスタイルをいち早く取り入れ、現在は奥沢、中目黒、八雲に店舗を構えている。

今でこそ、コーヒー生産者の農園まで足を運び、直接仕入れて提供を行う「スペシャリティコーヒー」(From seed to cup)はコーヒー好きの基本の「き」になりつつあるが、同店のオーナー・坂尾篤史さんはその点においても、早くから各国の農園に足を運び、自家焙煎を行ってきた。

「『ONIBUS』とはポルトガル語で“公共バス”、『万人の為に』という語源を持つ言葉です。バス停からバス停へと人を繋いでいく日常。そんなバスのように人と人を繋ぐという思いを込めて、オニバスコーヒーと名付けました」(オーナー・坂尾さん)

コーヒースタンド「ABOUT LIFE COFFEE BREWERS」(道玄坂)、カフェとサイクルをコンセプトにした「RATIO coffee&cycle」(神宮前)なども展開し、ブームの黎明期から東京のコーヒカルチャーを支える同店は根強いコーヒーファンに支えられている。



「ONIBUS COFFEE」のベーシックテイスト




「誰が飲んでもおいしく感じられるコーヒー」をイメージしてブレンドした「ONIBUS COFFEE」のベーシックテイスト。焙煎具合は中浅煎りで、口に含んだときに甘さが広がり、ジューシーな果実味が後に続いていく。100g/200g/500gの販売で、豆のまま/中挽き(フィルタードリップ)/粗挽き(フレンチプレス)から選ぶことができる。

「ONIBUS BLEND」


価格:100g/700円、200g/1350円、500g/2700円(すべて税込)



日本で唯一取り扱うラボルサ農園のレアな豆




「ONIBUS COFFEE」限定ロットの「GUATEMALA La Bolsa Ventana Grande」。ミルクチョコレートのような甘さとボディ感があり、グリーンアップルのようなクリーンですっきりとした後味が特徴だ。グアテマラにあるラボルサ農園のもっとも標高の高いエリアで収穫されたマイクロロットで、 日本では「ONIBUS COFFEE」のみの取り扱いとなっている。

「GUATEMALA La Bolsa Ventana Grande」


価格:100g/900円、200g/1820円、500g/3640円(すべて税込)



チョークボーイ×ONIBUS COFFEE×MiiRのオリジナルタンブラー




「ONIBUS COFFEE」が手描きアーティストのチョークボーイとボトルメーカーのMiiRとのトリプルコラボで販売しているタンブラー。シンプルで機能的なデザインに、手書きアーティスト・チョークボーイのドローイングが施されている。3サイズ展開。

「MiiR ONIBUS ORIGINAL TUMBLER」


価格:8oz/2970円、12oz/4400円、16oz/5060円(すべて税込)



DATA


設立年:2012年
店舗:「ONIBUS COFFEE」奥沢店、中目黒店、八雲店、「ABOUT LIFE COFFEE BREWERS」渋谷店、「RATIO coffee&cycle」神宮前店
Instagram:@onibuscoffee
HP:http://onibuscoffee.com

text山田 卓立