TOPd365アメリカ、日本、そして台湾のカルチャーを...

アメリカ、日本、そして台湾のカルチャーを紡ぐスケートブランド【Private Visit】

「Private Visit」 は1960年代のスケートボードと、スケートボードに関連する衣類やアクセサリーをデザイン、制作、販売するブランド。オーナーのジョン・ウーさんは、ロンドンのアートスクールを経て、2013年に母国台湾で「Private Visit」を設立した。「アートスクールの教えで“get your hands dirty”(自分の手を汚せ)というのがあるのですが、まさに、自分の手で何かを作りたいという気持ちが芽生え、当時働いていたデザイン事務所を辞めて、イチから本格的に木工細工を学びました。その傍ら、スケートボードの研究に力を注ぎ、1950~60年代の初期のスケートボードを制作し始めました」

「Private Visit」 のスケートボードは、木材の木目や特性を十分に生かし、また自然な塗装方法を用いて、木そのものの良さを残している。衣類やアクセサリーに関しても、できるだけ綿や麻、皮革等の天然の素材を使用し、草木染などの自然な製法を取り入れている。



スケートボードカルチャー黎明期のモデルを再現




「Mini Cruiser Premium」はアメリカ製トラックを使用したMini Cruiserの最新モデル。アメリカで80年以上の歴史があるローラースケートメーカーのトラックを使用している。スケートボードカルチャー黎明期と同様に、無垢材一枚で製作しており、パーツには幅の狭いトラックとウィールを組み合わせ、当時の素朴なスタイルを再現。アメリカ産の無垢材はメープル、オーク、ウォルナットの3種類を用意。持ち運びしやすいサイズに設計され、余計なデザインも加えず、木材の良さを生かしている。