TOPd365美しい山の自然に囲まれてリフレッシュしな...

美しい山の自然に囲まれてリフレッシュしながら働く「白馬リゾートテレワーク」の魅力に迫る

日本アルプスの山間部に位置する長野県の人気観光地「白馬村」――。言わずと知れたウィンタースポーツやトレッキングの名所だが、ここ数年でカフェ併設のテラスや、アドベンチャー施設などがオープンし、新たな利用者層を取り込むレジャースポットとして進化を遂げた。さらに2020年7月からは、こうした施設をワークスペースとして活用するための宿泊プランが提供されており、大自然に囲まれながら働く新しいスタイルが提案されている。

"映える"施設が続々と誕生してきた




現在、多くの人がウィンタースポーツの名所として白馬を認識している一方、1990年前後に最盛期を迎えた「スキーブーム」は、バブルの崩壊後、徐々に鎮静化の一途を辿った。昨今のインバウンド需要こそ伸びている一方で、白馬村へ向かう国内旅行者の数は、1994年(平成6年)をピークに減少を続けてきた。

こうした苦境に一矢を報いたのが、「白馬観光開発」だ。同社は、白馬村を中心としたエリアで、白馬八方尾根スキー場、白馬岩岳スノーフィールド、栂池高原スキー場などを運営する昭和33年設立の老舗事業者である。そんな同社が、攻めの一手として取り組んだのが、絶景を望めるテラスや、アドベンチャー施設の開設だった。写真映えする体験設計は、若い世代を中心に人気を集め、雪のないグリーンシーズンにおける来訪者増加につながった。

d365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事