TOPd365旅する八百屋「青果ミコト屋」による、新た...

旅する八百屋「青果ミコト屋」による、新たな野菜の発信地「Micotoya House」が始まります

高校の同級生だった鈴木鉄平さんと山代徹さんが立ち上げた、旅する八百屋「青果ミコト屋」。「ミコト屋号」という古いキャンピングカーで東奔西走、日本中の畑を巡り、旅先で出会った野菜とそこにまつわるストーリーを全国の食卓に届けている。

今年で10周年を迎えるミコト屋が新たな挑戦を始めようとしている。それは、ミコト屋初の実店舗となる八百屋と出荷場、そして旬の青果とフードロスを活かしたアイスクリーム屋を併設する旅の拠点「Micotoya House」を作ることだ。





種の蒔き方や、畝の立て方、剪定の仕方などの技術的な違い、そして経験やこだわり、信念といったパーソナリティまで、農家の数だけ生産方法も違ってくる。ミコト屋は、旅をして農家の方たちと直接会うこと(=「FarmTrip」)で、ひとつの野菜にまつわるストーリーを知り、消費者に届けている。それこそが生産者と消費者を繋ぐ“八百屋”の役割であり、責任であると考えているためである。

d365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事