TOPDIGIMONO!快眠を手に入れろ! 睡眠サイクルに応じて...

快眠を手に入れろ! 睡眠サイクルに応じて温度調節してくれるIoT寝具



睡眠の質を左右する「温度」に着目して開発された、IoTマットレスパッドです。

寝ているときの「温度」って大切ですよね。暑いと寝苦しいですし、寒くても目が覚めてしまうなど睡眠の妨げとなってしまいます。温度の体感は人それぞれなので、夫婦が同じ布団で寝ている場合、旦那さんは暑いのに奥さんは寒くて……なんてことはよくある話です。

このたび、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」に登場した『MOORING(モーリング)』は、温度の自動調整や左右別の温度管理、目覚まし機能、乾燥機能などを備えた、“人工知能マットレスパッド”なんです。



1分ごとに温度を自動的に調節




ondo

同製品の最大の特長である「温度自動調節システム」は、睡眠周期と身体の反応に合わせて、マットレスパッドの温度を1分ごとに自動的に調節してくれる機能。入眠時はスムーズに体温が下がり身体を休ませられるように温度を下げ、眠りについたら適温を保ちながら深眠期の時間を延ばすなど、常に身体が最も快適だと感じる温度に調整してくれます。しかも、目覚める前には体温の上昇に合わせてマットレスの温度を上げ、スッキリと気持ちの良い目覚めをサポートしてくれるんです。

ダブルなら左右の温度を個別に調節


左右温度分布

また、『MOORING』がダブルサイズの場合、左右の温度を別管理・調節できるので、夫婦やカップル、子どもと一緒に寝る場合でも、それぞれが快適な温度を保ってくれます。これなら、どちらか一人が寝苦しさで布団を蹴って、もう一人が寒い思いをするといったトラブルもなくなりそうですね。

indiegogo campaign0219

睡眠の質や健康状態をアプリでチェック


アプリデータ2

さらに、寝ている人の心拍数や呼吸、身体の動きなどの身体反応や、室内温度や湿度、輝度、騒音といった室内環境を測定する機能が組み込まれていて、それらをデータ化して体感温度と適温へと導いてくれるとされています。なお、専用アプリでは、睡眠の質や健康状態をいつでもチェックでき、浅い眠りと深い眠りの割合を記録したデータをもとに、無呼吸症候群や不整脈などの潜在的な病気のリスクまで通知してくれるそうですよ。

眠りの浅い時に起こしてくれる目覚まし機能


目覚まし機能l

このほか、「目覚まし」機能や「乾燥」機能も搭載されています。セットした時間の前に温度調節によってユーザーを浅い眠りへと誘導したのち、最も快適に目覚められるタイミングで耳元のバイブレーションにより目覚めさせてくれるんだとか。なるほど、確かにこれならスッキリ目覚められそう。ちなみにダブルサイズの場合、左右の目覚ましを別々に設定できます。

乾燥機能l

また、乾燥機能によって寝具のコンディションを清潔に保つことができるため、アトピーやじんましんなどの原因である細菌や害虫が発生しにくくなるそうです。こりゃあ頼もしい!

目標金額の倍以上の支援を受けプロジェクト成立!


デザイン2l

このプロジェクト、「GREEN FUNDING by T-SITE」にて目標金額(100万円)の倍以上となる224万円もの資金調達を達成し、見事クラウドファンディングをサクセスさせています。本稿執筆時点(2016年10月23日)で『MOORING』がもらえる支援プランはシングル1台が2万9800円、ダブル1台が3万2400円となっています。「睡眠」は人生の3分の1を占めるほど大切な時間。睡眠の質にこだわっている人はもちろん、日頃から「暑い」、「いや、私は寒い」といった言い争いが絶えない夫婦にとって、うれしい製品ではないでしょうか?

文/吉野ヤタロー

関連サイト


『MOORING』プロジェクトページ(GREEN FUNDING by T-SITE)