TOPd.365小さな大艦巨砲主義。世界最速AFと超連写...

小さな大艦巨砲主義。世界最速AFと超連写に進化したソニーのネオ一眼『RX10 IV』デビュー



連写速度がただごとではありません。

ソニーは2017年9月13日、新型のレンズ固定式デジタルカメラサイバーショット『RX10 IV』(DSC-RX10M4)を国内発表しました。1インチセンサーに35mm換算で24mm〜600mmとなる光学25倍の高倍率ズームレンズを搭載し、AF(オートフォーカス)速度を世界最速レベルにまで引き上げ連写速度も大幅向上したモデルとなっています。2017年10月6日発売で、価格はオープン(市場想定売価:税別19万円前後)。2017年9月20日10時には予約受付が開始される予定です。

AFと連射性能がとんでもないことに!




『RX10 IV』の最大の進化は、世界最速を謳う0.03秒の高速オートフォーカスとAF/AE追従で最高約24コマ/秒の連写性能でしょう。イメージセンサーの違いこそありますが、フルサイズミラーレスカメラ『α9』の連写性能(20コマ/秒)すら上回っています。連続撮影枚数は249枚(画質「ファイン」時)です。