TOPd.365トレンドは「スマホ対応」と「音声アシスタ...

トレンドは「スマホ対応」と「音声アシスタント」。2018年、注目の生活家電は?【次に来るモノ50】

【各ジャンルのプロたちが語る2018 次に来るモノ50】


2018年もモノの進化は止まりません。新たな技術、驚きの発想、これまでにないデザインなどによって、必ずや我々を夢中にさせてくれることでしょう。そこでここでは、本誌連載陣が次なるトレンドを、最新50製品とともに大紹介!!



スマートスピーカー登場でIoT化が加速する?


最近の家電のトレンドの一つがスマホ対応です。空気清浄機やエアコン、ロボット掃除機などで室内環境や清掃状況の「見える化」が大ブームとなっています。

そして、音声アシスタントに対応するスマートスピーカーにも要注目。Amazon Echoなどの登場によって、声で家電を操作するといった使い方が可能になりました。ロボット掃除機のルンバやブルーエアの空気清浄機、シャープのエアコンなどが対応しているほか、非対応の製品でも家電コントローラーを使えば赤外線経由で操作できます。

今後、これらのカテゴリーを中心に、スマホやスマートスピーカー対応で、新たな価値を生み出す流れが加速していくでしょう。

No.1
家電を操作する“センター”になる?




Amazon.co.jp
Echo Dot
実勢価格:5980円

クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応するスマートスピーカー。「Alexa、今日のニュースは?」などと声をかけるだけで、さまざまな情報を知らせてくれるほか、アイロボットのロボット掃除機「ルンバ」、シャープのエアコンなど対応する家電を操作することも可能。まだ対応機器が少ないものの、家中の家電をスマホや声で操作する時代は目の前に来ている。



No.2
声やスマホで明かりを操作




フィリップス
Hue ホワイトグラデーション スターターセット
実勢価格:1万5690円

スマホで明るさや色合いを変えられるスマート照明。アプリから遠隔操作も可能なので、出張や旅行などで不在の時のセキュリティ用途にも使える。アップルのHomeKitや、Amazon Echoなどのスマートスピーカーに対応するので、「明るくして」、「暗くして」など声で明かりを操作することも可能だ。

No.3
鍵がなくてもドアを開閉できる




Qrio
Qrio Smart Lock
実勢価格:1万9320円

スマホを使うことでキーレスで鍵を開閉できるスマートロック。別売の『Qrio Hub』を利用することで、遠隔操作で鍵を開閉することも可能だ。家族や友だちなどと必要なときだけ鍵をシェアすることもできるので、シェアハウスやホームパーティーなどの使い方も便利。スマートスピーカーにも対応するので、声で施錠するといった使い方もできる。

No.4




ラトックシステム
RS-WFIREX3
実勢価格:7560円

スマホアプリから家電を操作できるようにする家電コントローラー。赤外線リモコンに対応する機器の操作を学習できる(定番家電のリモコン情報はプリセット済み)。スマートスピーカーにも対応するので、ハンズフリーで家電を操作することも可能だ。

No.5




ダイキン
MCK70U
実勢価格:6万0880円

Wi-Fi機能を内蔵し、スマホでの温度や湿度、空気の汚れ具合といった室内環境を確認したり遠隔操作したりできる。独自開発した「ストリーマ」の放電量を向上させ、フィルターに補集した有害物質の分解や脱臭のスピードを従来比約2倍にスピードアップした。

『デジモノステーション』2018年2月号より抜粋。

text安蔵 靖志

d.365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事