TOPd.365独ポルシェ、希少なクラシックカー向けの修...

独ポルシェ、希少なクラシックカー向けの修理パーツを3Dプリントで提供開始へ

常に旧車愛好家の頭を悩ませ続ける、修理用の保守パーツ不足問題。この度ポルシェから解決策として打ち出されたのが、ポルシェクラシックによる3Dプリント部品の提供サービスだ。まだ限られた点数のパーツをテストしている段階ではあるものの、希少車を大切に乗り続けているエンスージアストたちにとっては、まさに福音ともいうべき事業になるかもしれない。

独ポルシェ社の一部門であるポルシェクラシック(Porsche Classic)。同社は現在も5万2000種の旧車パーツを保管しており、保有する在庫個数が減少する都度、当時の工具を使って当時のパーツを再現している。しかしながら、需要の多くないレア車のパーツの再生は非効率的で、大きな課題になっていたのだという。

すでに入手不能となっていたパーツの一例には、たった292台しか生産されなかったスーパーカー『ポルシェ・959』のクラッチリリースレバーがある。そこでポルシェクラシックはこの部品を、レーザーを用いた3Dプリント技術のひとつ「積層造形法(Selective Laser Melting)」で再現。テスト車両に装着しての実地試験を行っているのだ。