TOPd.365カセットテープの音質をアップコンバート!...

カセットテープの音質をアップコンバート!?東芝がまさかの“ハイレゾ対応CDラジカセ”『TY-AK1』を発表

2016年にハイレゾ対応CDラジオ『TY-AH1000』で復活した東芝のオーディオブランド「Aurex」から、なんとCDやカセットテープ音源の音質をハイレゾ相当にアップコンバートできるというハイレゾ対応CDラジカセ『TY-AK1』が発表された。オーディオメーカー各社のラインアップから姿を消して久しい高級ラジカセ製品として、2018年3月下旬に発売されることになる。

「SD/USB/CDラジカセ」とされる『TY-AK1』の外観。左手にちらっと見える黒色のモデルはカセット非対応のBluetooth機能つきCDラジオ『TY-AH1』(2018年4月下旬発売)だ。

近年また注目されつつあるカセットテープ。『TY-AK1』では最新の音質で再生可能とすることで、ブームの最先端にいる感度の高いユーザーや若者たちにもアピールしたいとのことだ。一方で昔から大事に保管されていたカセットテープを最新の音質でよみがえらせたいというニーズもあるとされ、こうしたシニア層が実質的なメインターゲットになるのかもしれない。

気になる音質のスペックは?




ハイレゾ再生機器として、192kHz/24bitの音源に対応する『TY-AK1』。この音質は音楽CDと比較するとおよそ6.5倍の情報量に相当する。またビルトインのスピーカーには、ハイレゾ対応機器の要件でもある40kHzを越える広帯域再生が可能なツイーターを搭載。繊細な広域を再現できる。同時に、低音域も64ミリウーファーと左右独立型バスレフBOXによってパワフルなサウンドを実現。

d.365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事