TOPd.365マウンテンバイク+電動アシスト相性抜群!...

マウンテンバイク+電動アシスト相性抜群! “登り”も楽しめるヤマハ『YPJ-XC』に乗ってみた

現在、世界的に一大ブームとなっている「e-Bike」。電動アシスト機能を付けたスポーツタイプの自転車ことだ。日本でもヤマハ発動機(以下、ヤマハ)から販売されているロードバイクタイプの『YPJ-R』は注目を集めたことが記憶に新しい。そんな日本での先駆者ともいえるヤマハがe-Bikeの新モデル4車種をリリースした。早速試乗してきたので、その模様をレポートしてみたい。注目は同社としては初となるマウンテンバイク(MTB)タイプのe-Bike『YPJ-XC』だ!

“登りも楽しめる”精度の高いアシスト機能に感動


『YPJ-XC』。価格は37万8000円(税込)。

e-Bikeの中でも海外において人気が高いのは、登り坂を楽にしてくれるMTBタイプだ。山道を楽しむMTBでは登りのシーンが必ずあるため、電動アシストのメリットが感じやすいといえる。特に海外のe-Bikeはアシスト出力が大きいため、モーターの力を活かして山に登り、下りを楽しむスタイルが一般化しているそうだ。日本でもパナソニックの『XM1』など、MTBタイプの電動アシスト付き自転車がいくつか発売されている。



今回発表された『YPJ-XC』は、最新のモーターユニット「PW-X」を搭載している点が最大の特徴だ。ユニット自体が小型軽量化され、MTBらしい運動性の高さに貢献しているほか、精度の高いアシストを可能にしているとのこと。

d.365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事