TOPd.365このマシン、凶暴につき……KTMの『12...

このマシン、凶暴につき……KTMの『1290 SUPER DUKE R』走りにシビレる

KTMは「READY TO RACE」を標語に公道モデルでもかなりトンガッた性能のマシンをリリースしているオーストリアのメーカーだ。元々はオフロード車を得意としており、モトクロスやラリー、エンデューロのカテゴリーで数々の好成績を収めてきたが、近年ではオンロードでも高性能のマシンを次々に投入している。

そんなKTMのストリート向け車両の頂点に位置するのが『1290 SUPER DUKE R』。獰猛なモビルスーツを思わせるようなスタイリングが印象的だが、それ以上に中身のスペックは過激だ。エンジンは1301ccのV型2気筒で、最高出力177PS。195kgという軽量な車体との組み合わせは、各メーカーのスーパースポーツに勝るとも劣らないパワーウエイトレシオを実現している。

非常に特徴的な『1290 SUPER DUKE R』のライト。ライトの枠部分が縁取られるようにLEDで光る有機的なデザインとなっている。

車体を押さえ込んで走るアップライトなハンドル。

75°の狭角V型エンジンは、1301ccで177PSとハイパワーだがスリムでコンパクトだ。

跨がってみると、車体はかなりコンパクト。サイズ的には他社の400ccクラスと同等と思えるほどスリムでホイールベースも短い。141Nmという最大トルクを発揮するエンジンがこんな車体に搭載されているのだから、アクセルを全開にしたらどこかへ飛んでいってしまいそうだ。