TOPd.365仕事じゃなくても使いたくなる、BAGWO...

仕事じゃなくても使いたくなる、BAGWORKSの“しごとのかばん”|今日のレコメンド

兵庫県・豊岡市に工場を構える、1954年創業のカバンメーカー「バッグワークス」。もともとは、さまざまなメーカーからの依頼を受けて各職業に特化した業務用カバンを製造していたが、「自分たちが企画から製造まで一貫して携わるモノ作りをしたい!」という思いから、自社ブランド「BAGWORKS」を立ち上げた。そのコンセプトは“しごとのかばん”。昔の牛乳配達員や車掌などが実際に使っていたカバンをモチーフに、現代の生活にも合うようにリデザインされたプロダクトは、僕たちのノスタルジーを刺激しつつも、新しさを感じさせてくれる。



業務用カバンから、日常使いのカバンに


「お客様からオーダーを受けてカバンを作る中で、自分たちのカバンも開発したいという思いが芽生えてきたんです。これまで業務用カバンを作ってきた歴史や技術をベースに、自社ブランド『BAGWORKS』を立ち上げることにしました」

そう話すのは、バッグワークスの代表取締役・高島茂広さん。大学卒業とともに祖父の代から続くバッグワークスに就職し、今では3代目として同社を取りまとめるこの道42年のベテランカバン職人だ。