TOPd.365磨き抜かれたボバースタイル——トライアン...

磨き抜かれたボバースタイル——トライアンフ『ボンネビル ボバー ブラック』には革ジャン&エンジニアブーツが似合う

Triumph(トライアンフ)——現在の社名はTriumph Motorcycles(トライアンフ・モーターサイクル)——と言えば、イギリスの名門バイクブランド。カフェレーサー的なマシンをイメージする人が多いかもしれないが、近年、“ボバースタイル”と呼ばれるアメリカン・テイストのモデルが人気を集めている。

今回は、ビンテージなカスタムマシンのように仕上げられたボバースタイルの『Bonneville Bobber Black(ボンネビル ボバー ブラック)』に試乗してみたので、その魅力を紐解いてみたい。

「ボンネビル ボバー」シリーズの標準タイヤは19インチサイズだが、『ボンネビル ボバー ブラック』では前後共に16インチへと小径化されたタイヤを装着する。フロント310mmのダブルディスクブレーキだ。

フラットなバーハンドルにバーエンドミラーという組み合わせ。カスタムマシンのような雰囲気を醸し出している。

ところで“ボバー”というのは、1940〜50年代のアメリカで流行したカスタムスタイルの1つ。同じくカスタムのスタイルとしてメジャーな“チョッパー”に対して“速さ”を重視している点が特徴だ。ルーツはその当時のアメリカで盛り上がっていたドラッグレースなどに参戦していたマシンということになる。アップハンドルを特徴とするチョッパーに対して、ボバーはハンドルだけでなく車体全体を低く抑えたスタイル。『ボンネビル ボバー ブラック』でも、低くフラットなハンドルに加えて前後16インチのタイヤ、バーエンドに装備したミラーなどで車体全体が低い仕上がりとなっている。