TOPd.365コーヒーの廃カプセルを再利用。『ビクトリ...

コーヒーの廃カプセルを再利用。『ビクトリノックス ネスプレッソ リミテッドエディション』限定発売

スイス企業同士の連携で、世の中がまたちょっとだけエコに。ネスプレッソの使用済みアルミ製コーヒーカプセルを再生素材として使ったマルチツール『ビクトリノックス ネスプレッソ リミテッドエディション2018』(Victorinox Nespresso limited-edition 2018)が、ビクトリノックス直営店限定で2018年8月3日に順次発売される。価格は5700円(税別)。



『ネスプレッソ・ダルカン』のカプセルと同色が採用されるハンドルが印象的な『ビクトリノックス ネスプレッソ リミテッドエディション2018』。ハンドル1本を作るのに必要なコーヒーカプセルは24個だという。かねてより環境への配慮とサスティナビリティへの取り組みで知られるビクトリノックス本社工場にて作られた、数量限定生産モデルということになる。ツールとしては7つの機能を持ち、ラージブレード、リーマー、カン切り、3mmと7.5mmのマイナスドライバー、せん抜き、ワイヤーストリッパーとして利用可能だ。



ネスプレッソとビクトリノックスの「特別コラボレーションボックス」に入れられて販売されるこのモデル。全国での発売に先立って「ビクトリノックス原宿神宮前店」では2018年7月7日より数量限定の先行販売が行われるとのこと。先行販売スタートからの1週間、店頭ではコーヒーやお菓子を楽しめるイベントも開催されるそうだ。普段使いのツールにも環境意識の高いアイテムを選びたい、そう考える人には特に注目してほしいアイテムである。

d.365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事