TOPd.365デビュー35周年の節目に登場した5000...

デビュー35周年の節目に登場した5000系フルメタルGって、とっても革新的!|やっぱりG-SHOCKが好き。

『G-SHOCK』は、僕らにとって最もリアルで、最も身近に感じられるプロダクトの筆頭に挙げられるはず。なぜって、子どもの頃からG-SHOCKは「タフな腕時計」の代名詞として存在。アクティブなシーンでも正確に時を伝えるツールとしてはもちろんのこと、ファッションやカルチャーともシンクロすることでオンリーワンの魅力を放っているのだから──。2018年、G-SHOCKは誕生から35周年の節目を迎えたが、その勢いはますます加速するばかり。そこで、全4回にわたってプロダクトの信頼性や革新性、今日まで続くチャレンジングな姿勢を浮き彫りにしながら、改めてG-SHOCKの魅力を感じていこうと思う。第1回目は、35周年の節目に登場し、爆発的なヒット作となった『GMW-B5000D』のハナシ。フルメタル化によって実現したクールなルックスにももちろん惹かれるけれど、先進の機能や製造工程を知れば知るほど、このモデルをどうしても手にしたくなる!



始まりは、2015年の“金無垢G-SHOCK”


G-SHOCKのORIGINである『DW-5000C』のデザインをベースに、外装をフルメタル化した『GMW-B5000D』。G-SHOCKのデビュー35周年となる2018年4月に発売されるや瞬く間に店頭から姿を消し、その後も入荷はされているものの、いまだに予約待ちが続く大ヒットモデルだ。開発の経緯について説明するのは、カシオ計算機 時計企画統轄部 商品企画室の泉 潤一さん。それは今から3年も前にさかのぼる。

「そもそもGMW-B5000Dの開発は、“G-SHOCKの生みの親”である弊社の伊部菊雄が『DREAM PROJECT DW-5000 IBE SPECIAL』というコンセプトモデルを製作したことが発端です。これは2015年のバーゼルワールドで発表され、外装やバンドまですべて金無垢で製作された非売の1点モノでしたが、このモデルを端緒に“ORIGIN”の外装やモジュールを常に進化させていこうという流れになりました」

d.365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事