TOPd.365藤原ヒロシの“コンビニ”から、“買える公...

藤原ヒロシの“コンビニ”から、“買える公園”まで。銀座の新ランドマーク『Ginza Sony Park』がついに本日開園!

多くのファンに惜しまれつつも、2017年3月31日に営業が終了した東京・銀座のソニービル。ビル解体前のラストイベント「It’s a Sony展」に、涙をこらえて足を運んだ人も多いことだろう。



本日(2018年8月9日)13:00、そんな旧ソニービルの跡地に新たな銀座のランドマークが誕生する。その名も『Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)』は、地上1階から地下4階まで5層にわたる、ソニーが考える新しい形の“公園”だ。パートナーとして6つの店舗、そしてローラースケートをはじめとした斬新なイベントの数々が展開される。今回はオープン前日に潜入する機会に恵まれたので、その内容をお伝えさせていただこう。

【地上1階】“買える公園”とラジオステーション




『アヲ GINZA TOKYO』は、プラントハンター・西畠清順さんの手により世界各地から集められた特別な植物を、実際に購入できるという“買える公園”がコンセプトのスペース。銀座の街を彩る植物たちがここで植物が購入されるたび、『Ginza Sony Park』のイメージもまた刻々と変わっていくのだ。