TOPd.365ド迫力の前2輪は伊達じゃない! ヤマハ新...

ド迫力の前2輪は伊達じゃない! ヤマハ新型3輪LMW『NIKEN』のここがスゴい

前2輪、後1輪の3輪スタイルを持つヤマハのLMW(Leaning Multi Wheel=2輪のようにリーンして曲がる3輪以上の乗りモノ)シリーズに、新たに大型スポーツタイプの『NIKEN(ナイケン)』が加わった。スポーティな太いタイヤが2本並ぶフロントからのルックスは、それだけで目を奪われる迫力ある佇まいだ。

有機的な生命体のようにすら見える迫力のフロントマスク。



ヤマハは2014年にLMWの初号機『トリシティ125』をリリース。2017年には排気量を155ccにアップした『トリシティ155』も追加し、新たな乗りモノであるLMWの世界を広げてきた。ただ、「トリシティ」シリーズはあくまでもシティコミューター的なスクーターであったのに対し、今回発表された『NIKEN』はLMWとしては初の、ライダーがギアチェンジを行うスポーツタイプのモデルとなる。

高速道路も走れる『トリシティ155』。フロント2輪の安心感を活かしたシティコミューターだ。

東京モーターショー2017に出展されていた4輪のLMWコンセプト『MWC4』も展示されていた。

エンジンは845ccの3気筒で、最高出力は116PS/10000rpm、最大トルクは87Nm/8500rpmを発揮する。同社の人気モデル『MT09』や『XSR900』などに搭載されているものと基本設計は同様。2気筒と4気筒のいいとこ取りを実現した評価の高いエンジンだけに、『NIKEN』の走りにも期待が高まる。