TOPd.365ホンダ『CX500』がここまでグラマラス...

ホンダ『CX500』がここまでグラマラスになるとは!金属感と流線型が美しいカスタムバイク『TYPE 8』

これまでも『SR500』や『XSR900』をベースとしたカスタムバイク、さらにはオリジナルの小型バイク『Type 0.1』などを精力的に製作してきた、ロンドンを拠点とする「Auto Fabrica」。この著名ビルダーが手がけた『TYPE 8』は、ボディラインと金属素材の美しさが同時に楽しめるグラマラスな作品だ。



『TYPE 8』のベース車両となったのは、ホンダの『CX500』。もともとはカウルをまとったスポーツバイクだが、オリジナルの外装をバッサバッサと撤去したことでスマートなカフェレーサースタイルに生まれ変わっている。海外では、CX500のこうしたカスタムは比較的定番の手法だ。



エンジンはフルリビルドされ、電飾系のワイヤーも一新。完全新規デザインのアルミ製燃料タンクからシートまでが美しい曲線を描き、フレームにまで修正が加えられている。