TOPデジモノステーションサイドカーからドローンが飛び出す! まる...

サイドカーからドローンが飛び出す! まるでスパイ映画のようなギミックが詰まったウラルの限定車両『Air』(残り2台です)

日本のバイク乗りにもコアなフォンを持つ、ロシアのサイドカー専門メーカー「Ural Motorcycles(ウラルモーターサイクル)」。街中にもオフロードにも最適なゴツイ車両を世に放ってきた同メーカーだが、この度発表した新型バイク『Air』(237万円)は、なんとサイドカーにドローンを融合させたメカ好きにはたまらない一台なのだ。







ブラックの車体にオレンジのラインが映える『Air』。その最大の特徴は、サイドカーの先端部分に用意されたドローンの発着スペースだ。内部にはDJI社の高性能ドローン『DJI Spark』が収納されており、ボタン操作によりハッチが開く仕組みになっている。この機能、まるでスパイ映画のワンシーンのようではないか!



付属のリモコンをサイドカーに備えられた専用設計RAMマウントに装着すれば、より安定したドローン操縦が可能に。行き先の道路の状況を空中から確認したり、ハイアングルの贅沢な自撮りをしたりと、走る以外の楽しさも詰まったサイドカーに仕上がっている。



車両自体のスペックとしては、最大41馬力を発揮する749ccの4ストローク「ボクサー」エンジンを搭載。推奨される最大巡航速度は時速約110kmで、巡航距離は約250〜300km。



『Air』は全世界40台限定で生産されており、そのうち10台が日本に入荷予定。ウラル・ジャパンの公式Twitterによると、2018年11月1日時点で早くも8台が売れていて、残りあと2台のみの人気ぶりなのだとか。





関連サイト


Ural Motorcycles
AIR

text塚本直樹