TOPd.365AIがオススメのクラフトビールをズバリ特...

AIがオススメのクラフトビールをズバリ特定。iPad miniを使った「ビアナビ」がテスト展開スタート

ビアレストラン「キリンシティ」は、ユーザーが自覚していない嗜好を予測し、好みのクラフトビールをナビゲーションするサービス「ビアナビ」のテスト展開を本日(2018年11月8日)より開始した。このシステムは産総研の人工知能コンソーシアム内、AIリビングラボWGと共同開発されたもの。店内にあるiPad miniでいくつかの質問に答えるだけで、回答者が好むクラフトビールを教えてくれる。



今回のテスト展開でナビゲーションされるクラフトビールの銘柄は、ニューヨーク発の著名ブランド『ブルックリン ラガー』、国内からスプリングバレーブルワリーの『JAZZBERRY』『Daydream』『496』の4種類のみ。だが「夕食を食べる所要時間」「新しい飲食店をよく試すか?」など、クラフトビールの知識がない人にも答えやすい質問は万人にとっつきやすく、宴席での話題作りにも役立ちそうだ。

意外とよく当たる!? 実際に試してみたら






最近は苦みのあるビールにハマり気味の筆者が試したところ、ナビゲーションされた銘柄は『ブルックリン ラガー』。この4銘柄のなかでは断然、いまの気分に合致したセレクトだった。結果画面に表示されたビールはそのまま注文でき、飲んだ後には感想を入力して、AIの成長に協力することもできる。