TOPd.365日本漫画界の至宝・松本零士と宇都宮の時計...

日本漫画界の至宝・松本零士と宇都宮の時計店・カマシマ。両者の夢が詰まった“時空”を超えて愛される本物の腕時計

『銀河鉄道999』や『宇宙海賊キャプテンハーロック』をはじめとする数多くの作品で知られる日本漫画界のビッグネーム・松本零士氏。そして、2019年に創業110周年を迎える栃木県・宇都宮の時計店「カマシマ」。この両者によって生み出されたのが、2018年12月下旬に発売される『松本零士 生誕80周年 特別記念時計』だ。



そもそもこの限定モデルは、松本氏のファンであり、その人生観に共感している同店のマネージャー・釜島光顕氏が、松本氏の傘寿の記念に「世代を超えて引き継げる本物の機械式時計を作りたい」とアプローチしたことからスタート。そしてこの限定モデルでは、松本氏自身や作品世界と関わりのあるふたつのブランドが選ばれた。



そのひとつがボールウォッチ。創業者のウェブスター・C・ボールは、1891年にアメリカ・オハイオ州キプトンで起こった鉄道事故を機にアメリカの鉄道時計の基準を確立させた立役者であり、さらに“鉄道王”ヴァンダービルト家が製造した高速旅客鉄道「No.999」がニューヨークとシカゴを25時間で結ぶ挑戦を行った際には検査主任に任命されるなど、アメリカ鉄道産業の発展に貢献した人物。

d.365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事