TOPd.365ファン・トゥ・ドライブのために生まれたク...

ファン・トゥ・ドライブのために生まれたクルマ ! アルピーヌ『A110』が楽しすぎる

2018年に発売されたスポーツカーの中でも、とりわけクルマ好きからの大きな注目を集めたのがアルピーヌの『A110』。スペックだけを見ると、突出してハイパワーなわけでもサーキットのタイムが速いわけでもない。流行りの電子制御技術もほとんど搭載されていない。そんなクルマがなぜそこまで話題になるのか? 実際に公道とサーキットで試乗して体感してみた。

かつての名車の魅力を現代の技術で再現


アルピーヌ『A110』と同名のモデルは1963年〜1977年にも生産されていた。1970年代にラリーを席巻していた(1973年にはWRCの年間総合チャンピオンに輝く)姿を思い浮かべる人もいることだろう。リアにエンジンを搭載したRR(リアエンジン・リアドライブ)のレイアウトに軽量なFRP製のボディを搭載し、約730kgという軽さを武器にラリーを中心に多くのモータースポーツで活躍していた。

今や伝説の名車とも呼べる初代『A110』。ブルーの車体にelfとCIBIEのステッカーが眩しい。

新型『A110』は、このかつての名車を現代の技術で再現したもの。エンジンの搭載位置はミッドシップとなり、ボディはアルミ製とされているが、パワーを求めるのではなく、軽さを活かした走りを目指している点は共通。新型『A110』の車重は現代のスポーツカーとしては非常に軽量な1110kgに抑えられている。

d.365の新着記事

同じカテゴリーの新着記事